CATALOG

ライフスタイル

施工

柄合わせで美しく仕上がるシェードスタイル

  • リビングの大きなコーナー窓 シェードを取り付けることですっきりとした仕上がりに

  • 後幕のレースは遮熱生地 大きな窓から降り注ぐ日差しの熱は遮りつつ、光は遠します

  • 隣り合うシェードの柄を合わせて、一枚の生地のように美しく仕上がりました

  • 『コーナーリターン』 隙間を小さくすることで光漏れを軽減します

お客様のご要望と課題

マンションの大きなコーナー窓。
大きな柄が印象的な生地でのシェードスタイルをご希望です。

ご提案内容

お客様が選ばれたのは交差するラインが繊細に表現されたデザインが美しい、爽やかな優しいブルーのカーテン生地。
今回はこちらでシェードを製作しました。

とても大きな⁡⁡コーナー窓のため、5台のシェードを連窓で取り付けました。
シェード1台1台の柄が、隣り合うシェードの柄とキレイに繋がるように、『柄合わせ連窓仕様』を指定して製作しております。
全体でみると一枚の生地のように美しい仕上がりに。
オーダーだからこそできる縫製です。

また、窓のコーナー部分のシェードの重なりには、以前にもご紹介したコーナー窓の隙間を軽減する『コーナーリターン』を採用しております。
後幕をコーナー側のみ伸ばして作成し、隙間を小さくする事で光漏れも防がれ、遮熱・UVカット効果が期待できます。

シェードの後幕のレースは、落ち着いた光沢感が特徴の遮熱生地。
熱は遮りつつも光は通してくれるので、室内が暗くなりません。
日射反射率もとても高く、省エネ効果抜群です。

建物の種類 マンション
部屋と場所 リビング
カーテンの種類 シェード
テイスト エレガント

パーソナル診断サービス

カーテン選び4つのポイントを、当店のスタッフが事前に確認にお伺いさせていただきます。事前の綿密なヒアリングによって、お客様に最適なカーテンのご提案が可能となり、心地よいお部屋の空間づくりをお手伝いさせていただきます。

ASUNAROの視点 カーテン選びの4つのポイント 周辺環境・立地 ライフスタイル 家族構成 施工 + 一般的な視点 デザイン 種類