CATALOG

施工

中間吊りカーテンレールで間仕切りを取付

  • ブライズルームの間仕切りカーテンは光沢感ある暗幕生地にシワ加工が施されたもの

  • サイドまでしっかり固定されたカーブレールで、新婦様のプライベートスペースを守ります

  • 伸縮吊棒でカーテンレールを天井でしっかり固定

  • エアコンなどの干渉物も避けて固定できます

  • こちらは『固定吊棒』のタイプ すっきりとした仕上がりです

  • こちらのレールの端は一方がブラインドに面しているため、片側のみ壁面に固定 事前の打ち合わせで場所にあった施工をご提案します

お客様のご要望と課題

結婚式場のブライズルーム・控室へのカーテン施工。
目隠しのための間仕切りの設置です。

ご提案内容

空間の一角の目隠しのための間仕切りカーテン。
カーテンレールを取り付けたい位置には天井のエアコン等、干渉物がいくつかあり、それらを避けるため今回は中間吊り専用のカーテンレールを使用しました。

取り付ける吊元に段差があったり、レールの真上に干渉物があり吊ることのできない時に使用する『伸縮吊棒』。
吊元をスッキリと見せられる『固定吊棒』。
2つのタイプを場所に合わせて取り付けました。

通常レールの取付が難しい場所でも設置可能な上、圧迫感や閉塞感がなく空間を広く感じさせてくれます。

カーテン生地は光沢感のある暗幕生地。
シワ加工が施され、光が複雑に屈折しあたたかみのある美しいドレープです。
⁡繊細でエレガントな雰囲気が、新婦様のお支度にピッタリです。

建物の種類 店舗・事務所など
部屋と場所 その他
カーテンの種類 ドレープカーテン
テイスト エレガントシャビー

パーソナル診断サービス

カーテン選び4つのポイントを、当店のスタッフが事前に確認にお伺いさせていただきます。事前の綿密なヒアリングによって、お客様に最適なカーテンのご提案が可能となり、心地よいお部屋の空間づくりをお手伝いさせていただきます。

ASUNAROの視点 カーテン選びの4つのポイント 周辺環境・立地 ライフスタイル 家族構成 施工 + 一般的な視点 デザイン 種類